新潟NGBR

夏のシュリンプ飼育方法

ビギナーにお勧めの夏のシュリンプ飼育方法

飼育が難しいと言われているシュリンプですが。

飼育は容易に楽しめ、繁殖も出来る方法を参考に楽しんでください。

12.jpg

未だ6月なのに暑い季節になりシュリンプには厳しい季節です。

シュリンプ飼育の大敵は水温維持ですね、、、、

安定した飼育管理には水温28℃以下で維持できるようにしましょう。

28℃の水温で3日ほど飼育すると、数日後にシュリンプは徐々に弱り死亡していきます。

明確な飼育水温は27.5℃以下が安全水温です。

28℃に達した水温の降下対策として最も簡単な方法としてはペットボトルの氷を
2リッターボトルを凍らせておきます。

予め水槽の水を少し少なくして、夕方6時以降にボトルを水槽に入れます。
水槽水温は徐々に低下していき、シュリンプの活性が戻ります。
翌日昼頃から水温が上昇し28℃に達しても同じようにしてあげればシュリンプは
安全に飼育できます。

〇ペットボトルを凍らせるには1日以上の時間が必要ですので予め2本~3本ほど用意しておきます。

ペットボトルで対策が出来ない場合は、クーラー使用をお勧めです。

低価格でお勧め。水槽60センチ以下でしたら
テトラオートパワーフィルターにテトラクールタワーを接続して使用します。

吸い口にはテトラブリラントスーパーフィルターを繋げてセットいたします。
シュリンプ飼育の場合、ろ過器内のろ過材は取り出し水の循環だけに致します。

cooltower_cr1new_03.jpg


暑い夏、上手く育ててください。

次はビギナーに容易な水槽セット方法です。







 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

新潟NGBR

Author:新潟NGBR
新潟NGBRのブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

シャドー飼育、繁殖 (9)
ビーシュリンプ (2)
アルタムエンゼル (1)
ビーシュリンプ水槽管理 (1)
ソイル (3)
金魚 (1)
水草 (2)
雪割草 (2)
アルタムエンゼル繁殖 (1)
めだか (2)
ワイルドベタ (2)
アドケタ繁殖 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん